ラジエーションハウス 第7話

スポンサードリンク

ラジエーションハウス第7話のあらすじです。

唯織(窪田正孝)がきてから変わりつつあるラジエーションハウスのメンバー。その日は、初めてひとりで当直をすることになり、不安で一杯の裕乃(広瀬アリス)。
しかも、緊急時に備えて待機するオンコール担当は軒下(浜野謙太)。頼りにならない軒下にさらに不安を覚える裕乃で……。
そんな折、乳腺外科に、軒下と中学時代の同級生だった蛭田真貴(松本若菜)と志朗(篠原篤)夫妻がやってくる。人間ドックで真貴の胸にしこりが見つかり、マンモグラフィ検査を受けに来たのだ。軒下と再会した真貴は、彼が卒業アルバムに将来の夢は医者と書いていたのを覚えていた。初恋の相手の真貴から、「夢を叶えたんだね」と言われ、本当のことが言えない軒下。
真貴のマンモ画像を読影した杏(本田翼)は、唯織にも意見を求め、悪性の疑いがあるため超音波検査が必要との診断を下す。
それを見ていた鏑木(浅野和之)は、杏は技師に甘えていると指摘する。技師には技師の役割があり、一線を越えることは、唯織の首を絞めることになる、というのだ。
再検査が2ヵ月後になると知った志朗は軒下に医者として検査を何とか早められないか、泣きつく。しかし、特別扱いはできないと答えるしかない軒下。
それでも諦めきれない志朗は、通りかかった唯織に声をかけ、事情を説明した。真貴は自分の人生のすべて、という志朗の言葉に強く共感した唯織は、杏に相談。
だが、鏑木の言葉を思い出した杏は、患者を救うのは医者の仕事だと返し……。
https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/より引用

放射線技師は医師ではないという劣等感を感じている人が多いように感じています。
しかし、技師の役目もドラマを見てわかるように病院の中で大切だと思います。
技師だからできることも多くあるので放射線の知識をしっかり学んでいくべきだと思います。

また、実際に起こっている検診難民について、今回は改めて考えさせられる回でした。
病院では待たされるイメージが誰にでもあると思いますが、早急に必要な検診がすぐに受けられないというのは、非常に不安なことだと思います。
そんな現実問題があるということがわかったのは、非常に大きかったのではないでしょうか?
これをキッカケに、検診難民が改善されることを願いたいですし、医療職者の1人として問題に向き合っていこうと思います。
また、検診事業の機能的・構造的問題を改善する必要があると思われます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。