ラジエーションハウス 第5話

スポンサードリンク

ラジエーションハウス 第5話のあらすじです。

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)からあるCT画像について意見を求められる。画像を覗き込んだ唯織は、杏との距離が近いことに照れてしまい……。
裕乃(広瀬アリス)は、威能(丸山智己)が遺体画像を見ていたことに驚く。実は威能は、CTやMRIを使って遺体の死因を究明するオートプシー・イメージング――通称『Ai』と呼ばれる死亡時画像診断のスペシャリストだった。鏑木(浅野和之)は、放射線科の受診患者増加などを理由に、Aiの受け入れを最小限にとどめようと提案していた。だが、院長の渚(和久井映見)は、Aiと解剖を組み合わせることは医療界全体の未来にとって必要だと考えていた。
そんな折、ラジエーションハウスに、公園で倒れているところを発見され、その後死亡が確認された美しい顔の少年・藤本直樹(南出凌嘉)のAi依頼が届く。第一発見者は直樹とキャッチボールするために公園に来たという弟の雄太(斎藤汰鷹)。救急通報をしたのは、藤本家の近所に住む少年・山村肇(小林喜日)だった。
辻村(鈴木伸之)は、心臓付近に擦過傷が見られたことから、胸骨の未発達な子どもの胸に衝撃が加わることで起こる心臓震盪の可能性に言及した。直樹は、上に向かってボールを投げてそれをキャッチしていた、という目撃情報もあった。だが、直樹の父母、勝彦(三浦誠己)と歩美(森脇英理子)は、小野寺(遠藤憲一)らの説得にも耳を貸さず、Aiを頑なに拒否する。周囲は虐待死を隠ぺいする為だと疑い始め……。
https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/より引用

僕自身医療職をしているので、死因推定などに法医学という分野があることは知っていましたが、AI(オートプシー・イメージング)という言葉と意味は今回初めて知りました。
そしてAIを行うことで、死因の特定だけでなく、虐待死の隠ぺいを防ぐことができることには驚きでした。
ただ、今回は説得しAIに納得してくれましたが、両親がAIを拒否してしまえば、結局は死因は特定できないまま、見逃されることになります。
そう考えると、AIの義務化は必要なのかもしれないと考えさせられました。

また、調べてみたところオートプシー・イメージング学会というものがあることを知りました。
以下にAIのガイドラインの一部を示します。
”Ai(オートプシー・イメージング=死亡時画像診断)とは、CTやMRI等の画像診断装置を用いて遺体を検査し、死因究明等に役立てる検査手法であり、死因情報について遺族や社会の「知る権利」を具現化するために必要不可欠なものである。またAi情報は、遺族や社会の知る権利を満たし、死因情報開示に対する社会的要請に応えるため、原則として遺族や社会に開示されるべきである。
Aiは、死因究明だけでなく、小児医療の向上、児童虐待の防止、在宅医療等高齢者医療の向上、犯罪の見逃し防止、被災者の身元確認など様々な社会的課題への対応にも有効な方策としてその実施が求められており、本ガイドラインにおいて、Aiを実施すべき対象(目安)を定めることにより、これらの課題の克服が一層推進されることを期待する。
Ai報告書及び鑑定書は、事実に照らし適正に作成される必要があるため、Aiの診断能力を有すると認められた画像診断専門医等の医師によって作成されるべきである。”

今後Aiがどのように医療、刑事の分野で活躍するか注目していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。