乳房撮影(マンモグラフィ)の撮影法と画像

スポンサードリンク

乳房撮影(マンモグラフィ)の撮影法についてです。

標準的撮影方法です。
・内外斜位方向(MLO:mediolateral oblique)撮影
脇下に向かって伸びている乳腺も含め乳腺の分布の長軸と平行に乳房を撮影します。大胸筋も含めます。
MLOの合格基準は
①左右の写真が対称であること。
②乳頭がprofileに出ていること。
③大胸筋が乳頭の高さくらいまで写っていること。
④乳腺後方にある脂肪組織がよく描出されていること。
(特に乳腺組織の下深部が切れていないこと)
⑤腹部組織が入っており、inframammary fold が伸びていること。
⑥乳房の皴がないこと
などです。

・頭尾方向(CC:craniocaudal)撮影
この撮影法はMLOを補充する撮影法で、MLO撮影では画像にしづらい乳房内側を画像にします。外側上部がブラインドになります。
CCの合格基準は
①左右の写真が対称であること。
②内側乳腺組織は必ず描出され、外側もできるだけ入っていること。
③胸壁深くまで入っていること。(胸筋が出るくらい)
④乳頭がprofileに出ていること。
⑤乳房の皴がないこと
などです。

追加撮影法です。
・スポット撮影
目的の部分を小さな圧迫版で局所的に圧迫します。

・拡大撮影
微細な病変の形態・構造を描出するために行います。拡大率は1.5~2倍程度です。

・90°側面撮影
目的部位がフィルムに近くなるように内外または外内方向の90°側面から選択します。

以下に撮影の図を示します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。