放射線技師 転職

スポンサードリンク

放射線技師の転職についてです。

放射線技師は病院で働くのが一般的です。
私自身は医学物理士として病院の治療部門で計画業務をしています。

 放射線技師の仕事は診断部門では一般撮影、CT、MRI、核医学(PETやSPECTなど)、透視など、治療部門では固定具作成、治療計画、照射など多岐にわたります。診断部門は日曜当直や夜勤があるところが多く、治療部門は平日に照射を行うので土日休みが多いです。
 また、放射線取扱主任者として原発などで働いている人、大学院で博士号をとり大学の教員として働いている人もいると思います。

 給与的には病院にもよりますが、長年働いても年収1000万を超えるのは厳しいといわれています。個人的に放射線技師の方はお金に関して不満を持っている人が多い気がします。大学教授や、転職して医療機器メーカーに勤めると1000万を超える企業もあります。

 私も将来医療機器メーカーで働きたいと思っています。関係者の話を聞くと忙しいとは思いますが、最先端の医療機器を日本各地の医療従事者へ伝えていくやりがいがあると思います。

 2014年にiPS細胞などを使った治療を規制する再生医療安全性確保法と、細胞シートなどの再生医療等製品や医療機器の承認手続きを簡素化する改正薬事法(医薬品医療機器等法)が施行されました。既存の医薬品・医療機器以外の、再生医療等製品という第三のカテゴリーが新たに設けられ、再生医療等製品に関して速やかな承認手続きが行われるよう、法整備が進められました。今後の日本経済の成長を支える起爆剤として、再生医療等製品に対する期待はますます高まっています。
 再生医療等製品が本格的に治療などに使われるようになるためには、それを培養するための培養装置や、再生医療等製品を加工・インプラントするための専用機器なども必要とされることが予測されます。その意味では、医療機器業界を中心とした周辺産業にも大きな波及効果があるものと大いに期待されています。
 また、手術用ロボットの分野でも、先行する米インテュイティブサージカル社に負けじと、日本の大手企業が続々と参入を表明しています。「日の丸ロボット」が医療機器分野で活躍する日も近いかもしれません。日本政府も国を挙げて、医療機器産業の発展を後押ししてくれていて、成長が楽しみな医療機器業界となります。
 このように先々の夢に溢れた医療機器業界ですが、足元でみても、相変わらずの活況が継続しているようです。少々遡りますが、リーマンショックの半年後からいつものような求人オーダーが復活しており、それが現在も継続している状況となります。求人オーダーが途絶えません。これは医療機器業界が食品などと並ぶディフェンシブな業界だからです。たとえば、皆、風邪をひけば耳鼻科に行きますし、それに伴い、耳鼻科の医療機器メーカーにも、恒常的に注文が入るわけですから…。その意味では、極めて安定した良い業界といえると思います。
 社会貢献度の高さも、やはり大きな魅力のひとつです。自分が開発した、あるいは、販売した医療機器で患者様の命を救えるとしたら、こんな素敵な職業はないのではないでしょうか? 医療機器業界で働いている多くの人は、そんな思いで、日々業務に励んでいます。
 そんな将来有望で、かつ、安定した、社会貢献度の高い医療機器業界ではありますが、職種により大きく求人の傾向が異なります。営業職、マーケティング職、薬事職、品質保証、安全管理、クリ二カルスペシャリスト、サービスエンジニアなど、医療機器メーカー内にはいろいろな職種の方が働かれておりますが、それぞれの職種で募集内容も異なります。
 医療機器業界への転職をお考えの方は、それぞれの職種に見合った転職対策を検討していく必要があります。また、医療機器業界ですでにお勤めの方は、中長期のビジョンをもって、キャリア形成を計画的に行い、もしもの時のためにキャリアで武装(リスクヘッジ)していく努力がとても大切となると思います。
 特に外資系医療機器メーカーでお勤めの方の場合、日本法人の動向とは全く無関係に、本国(海外親会社)の合併・売却などで、命運が左右されるケースもあるので、キャリアで武装することは、ある意味必須といえるかもしれません。

スポンサードリンク

 今の時代は病院での放射線技師業務に限らず、起業をしたり医療機器メーカーに転職したりと色んな選択肢があるので自分の目指すもの(年収、安定、働き方)などを考えて挑戦していくべきだと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。